会社案内

ご挨拶 会社概要・沿革

会社概要・沿革


会社概要 COMPANY OVERVIEW

社 名
Company name
大旺鋼球製造株式会社
DAIO STEEL BALL MFG. CO., LTD.
代表者
Representative
代表取締役社長 宗 田 三 郎
MR. SABURO SOTA
創 業
Foundation
昭和6年5月(株式会社改組 昭和22年)
MAY 19, 1931
資本金
Capital
9,000万円
Capital JPY 90,000,000-
従業員
Employees
110名
Number of Employees 110
事業内容
Businesses
各種鋼球の製造・販売
取引銀行
Banks
りそな銀行 阿倍野橋支店
日本政策金融公庫 大阪支店
大阪シティ信用金庫 八尾営業部
所在地
Location

本  社

〒547-0003 大阪市平野区加美南5丁目13番27号

TEL 06-6791-6691

HEAD OFFICE

5-13-27 KAMI-MINAMI, HIRANO-KU, OSAKA-CITY, OSAKA 547-0003 JAPAN

TEL: +81-6-6791-6691

八尾工場

〒581-0053 大阪府八尾市竹淵東3丁目112番地

TEL 06-6708-0063

FAX 06-6708-0085

YAO FACTORY

3-112 TAKEFUCHI-HIGASHI, YAO-CITY, OSAKA 581-0053 JAPAN

TEL: +81-6-6708-0063

FAX: +81-6-6708-0085

亀井工場

〒581-0065 大阪府八尾市亀井町4丁目27-1

KAMEI FACTORY

4-27-1 KAMEI-CHO, YAO-CITY, OSAKA 581-0065 JAPAN

北海道工場

〒079-1371 北海道芦別市上芦別町118番地125

TEL 0124-23-0061

FAX 0124-23-0065

HOKKAIDO FACTORY

118-125 KAMIASHIBETSU-CHO, ASHIBETSU-CITY, HOKKAIDO 079-1371 JAPAN

TEL: +81-124-23-0061

FAX: +81-124-23-0065

営業部・総務部

〒581-0053 大阪府八尾市竹淵東3丁目112番地

営業部/ TEL 06-6708-0061
  FAX 06-6708-0085
総務部/ TEL 06-6708-0062

CONTACT TO SALES: YAO-FACTORY

3-112 TAKEFUCHI-HIGASHI, YAO-CITY, OSAKA 581-0053 JAPAN

TEL: +81-6-6708-0061

FAX: +81-6-6708-0085

<関連会社> AFFILIATED COMPANIES

北日本大旺株式会社

〒079-1371 北海道芦別市上芦別町118番地127

TEL 0124-22-1311

FAX 0124-22-1194

KITANIHONDAIO CO., LTD.

118-127 KAMIASHIBETSU-CHO, ASHIBETSU-CITY, HOKKAIDO 079-1371 JAPAN

TEL: +81-124-22-1311

FAX: +81-124-22-1194

株式会社 サンユー

〒547-0003 大阪府平野区加美南5丁目13番27号

TEL 06-6796-6100

FAX 06-6796-0391

SANYU CO., LTD.

5-13-27 KAMI-MINAMI,HIRANO-KU, OSAKA 547-0003 JAPAN

TEL: +81-6-6796-6000

FAX: +81-6-6796-0391

サンユーテック株式会社

〒547-0003 大阪府平野区加美南5丁目13番27号

TEL 06-6796-6191

FAX 06-6796-0391

http://www.sanyutec.co.jp

SANYU TECH. CO., LTD.

5-13-27 KAMI-MINAMI,HIRANO-KU, OSAKA 547-0003 JAPAN

TEL: +81-6-6796-6191

FAX: +81-6-6796-0391

http://www.sanyutec.co.jp

沿革 COMPANY HISTORY

1931昭和 6年 5月

大阪市西区に於いて檜垣商店として創業、創業者 檜垣喜一のイニシャルである
K&Hブランドで鋼球の販売を開始。

Established by Mr. Kiichi Higaki
(K&H brand is named by his initial)
Company name Higaki Trading

1947昭和22年 9月 株式会社に改組。大旺工機株式会社とし、大阪市平野区加美に新工場を建設する。
鋼球の製造を開始する。
1951昭和26年 9月

社名を大旺鋼球製造株式会社に改称。

Higaki Trading is changed to Daio Steel Ball Mfg. Co., Ltd.

1956昭和31年 1月

玉軸受用鋼球の日本工業規格表示許可工場となる。

Yao factory was certified for Steel Balls for Bearings from JIS

1958昭和33年 9月 檜垣社長、自ら業界初の単独渡米により、海外市場進出開始。
1959昭和34年 5月

米国G社と販売代理店契約を締結。

START export business with General Bearing (USA)

1959昭和34年 5月

新製品ボールリテーナーの製造販売開始。

Start selling ball retainer for Bicycle

1959昭和34年 12月 小径鋼球の日本工業規格表示許可工場となる。
1962昭和37年 9月

自転車用炭素鋼球の日本工業規格表示許可工場となる。

Yao factory was certified for Carbon Steel balls from JIS

1962昭和37年 12月 英国H社と販売代理店契約を締結。
1962昭和37年 12月 カナダG社と販売代理店契約を締結。
1964昭和39年 6月 輸出貢献企業として通産大臣の認定を受ける。以後、毎年連続認定。
1969昭和44年 5月

八尾市竹渕東3-112に八尾工場完成。玉軸受用鋼球(許可番号4518)と自転車用炭素鋼球(許可番号8937)の日本工業規格表示許可工場となる。

Renewal Yao-Factory Certified for Steel Ball for Bearings and Carbon Steel balls from JIS

1970昭和45年 5月 ブラジルB社と販売代理店契約を締結。
1973昭和48年 3月 八尾工場内に小径鋼球専用の熱処理工場完成。
1975昭和50年 4月 新鋭設備の増設により生産合理化を推進。
1981昭和56年 2月 大阪通産局長より電力利用合理化優秀工場として表彰を受ける。
1981昭和56年 10月 ボールリテーナー製造部門、大旺精工株式会社として独立。
1982昭和57年 5月 小径精密玉軸受用鋼球の増産計画スタート。
1985昭和60年 1月 コンピューター導入により事務、生産管理の合理化を行う。
1985昭和60年 7月 八尾工場内に、防塵、空調完備のラッピング工場完成。
1987昭和62年 7月 社長檜垣喜一を会長に、副社長宗田三郎を社長に選任致しました。
1990平成2年 1月 会長檜垣喜一死去、従六位追叙。
1990平成2年 5月

亀井工場完成。技術センター・NCマシニングを導入し、生産力・技術力の増強を図る。

Kamei factory was established

1991平成3年 11月

生産力増強のため、北海道芦別市に北日本大旺株式会社を竣工。

Kitanihon Daio was established

1995平成7年 11月 増資により、資本金を9千万円とする。
1995平成7年 11月

中国上海市に上海大旺精密鋼球有限公司設立。(2006年国内工場へ統合)

Shanghai Factory was established (This factory was closed in 2006)

2002平成14年 8月 ISO 9002-1994の認証を取得。
2003平成15年 12月

ISO 9001-2000の認証を取得。

Daio Steel Ball Mfg. Co., Ltd. was Certified ISO 9001

2009平成21年 6月

北海道芦別市に軸受用鋼球工場を竣工。
大阪府八尾市(1工場)、北海道芦別市(2工場)の計3工場の生産体制を確立。

Hokkaido Factory was established

▲ ページの先頭へ戻る